人生音痴

新婚生活。迷子になるから、手を引いていてね。

子どもを持たないという選択肢

ワンピースを着ていると、「もしかして、おめでた?」と訊かれる。
もともと太っているっていうのもあるかもしれないが、独身の頃はそんなこと聞かれなかったから、きっと新婚だからなのだろう。

 

以前にも書いたが、結婚する前は早く子どもが欲しいと思っていた。
20代のうちに初産は済ませたいし、できれば2人か3人欲しい、と。

 

もともと子どもが大好きで、保育を学び、資格も持っている。赤ん坊も幼児も、小学生も中学生も高校生も可愛い。だから、結婚したらすぐにでも赤ちゃんが欲しかった。

 

しかし、いざ結婚していつ子どもが出来てもいいという今になって、迷っている。

 

思ったより夫婦2人での結婚生活が楽しいのだ。

 

実生活でもツイッターでも、「子どもが出来ると夫が鬱陶しくなる」と聞く。
「旦那がいい男だなんだとは、子どもの夜泣きが始まってから言え」なんてツイートが流れて来る。

 

なんだ、それなら今のままの方が楽しいじゃないか。

 

将来寂しくなるから、というのは子どもが欲しい理由にはならない。
子どもがもし海外で生活したい、と言ったら引き止める気はないし、ましてや老後を世話してもらうために子どもを産むなんて考えはおぞましすぎる。


少子化を懸念する国のために、税金を納める人口を増やすためだけに、子どもを産むつもりもない。そもそもそれに見合うだけの制度もないんだから、こちらの意思で自由にやらせてもらいたい。

 

自由になるお金も時間も子どもがいるのといないのでは桁違いに変わってくる。
生まれてきたからには、衣食住に不便させたくない。たまには遊びに連れて行ってあげたい。私立高校に通いたいならそうさせたいし、大学に行きたいと言うなら行かせてあげたい。結婚するときにいくらかの援助はしたい。

それだけのお金があれば、夫と2人で毎年年末年始に海外旅行できるじゃないか。

 

子どもを育てるメリットとデメリット、という形で比べてしまっている。

 

もちろん子どもを可愛いと思う気持ちは変わらずにあるし、特別な理由もなく、きっと本能の部分で子どもを産み育ててみたいという気持ちも変わらない。


ただ、ここで子どもを持たないという選択肢が急浮上してきてしまったのだ。

 

リスクがなるべく低いうちに妊娠するには、もう時間がない。妊娠出産は期限付きなのだ。

 

でも、切羽詰まって悩んでいるわけでもない。出来ないなら出来ないでいい、と思っているから妊活がつらくないのかもしれない。

 

2人での生活は楽しいし、きっと3人での生活も楽しい。そう思って、ゆっくりと考えて行きたい。